あさり整形外科クリニック、弘前市代官町、整形外科、リハビリテーション科あさり整形外科クリニック

WEB予約

当院の特徴

せぼね診察と治療

開業まで脊椎脊髄外科専門医・指導医として10年以上診療を行ってまいりました。
これまでの経験を生かし、神経学的診察と各画像検査から的確に診断を行い、治療を行います。
当院では透視(X線画像をリアルタイムでモニターできる)機能付きのX線撮影機を用い、神経根ブロックなどのインターベンションを正確、安全に行うことができます。内科的合併症のある患者様のブロック注射は行っておりません。
CT画像検査、MRI画像検査が必要な場合は、画像撮影のために弘前総合医療センターなど近隣の病院にお願いすることもございます。
 
当院は弘前総合医療センターの登録医に認定されており、医療機器の共同利用が可能となっております。これにより、患者様は弘前総合医療センターへの紹介状を持参しなくとも、弘前総合センターのCT装置やMRI装置などの利用が可能となっております。
また、弘前総合医療センター現地でのお支払いはなく(当院でお支払い頂きます)、画像検査後はご帰宅頂けます。
画像検査結果は数日後に当院へ送付されてまいりますので、結果説明は当院で行わせて頂きます。

骨粗鬆症診療

骨粗鬆症の有病率は1280万人(男性300万人、女性980万人)とされており(骨粗鬆症ガイドライン2015年)、大腿骨近位部骨折や脊椎椎体骨折に代表される、四肢や体幹の骨折を引き起こす疾患です。
骨粗鬆症は生活機能や生活の質を低下させるだけでなく、長期的には骨折の有無にかかわらず、死亡リスクを有意に上昇させます。
これらのことから、骨粗鬆症の予防と早期発見、早期治療が重要となります。当院ではガイドラインで推奨されておりますdual-energy X-ray absorptiometry (DXA)による骨密度測定が可能であり、正確な診断を行うことができます。
さらに採血検査で骨代謝マーカーを測定することで治療効果判定も行っておりますので、40歳以上の特に女性では、お気軽にご相談くださればと思います。

青森県では数少ない日本骨粗鬆症学会認定医の資格をもったクリニックです。同学会認定医として、エビデンスに基づいた骨粗鬆症診療を行ってまいります。

超音波検査(エコー)

当院ではエコーを用いた診療を取り入れております。
エコー検査は手軽に侵襲なく何度でも行うことが可能で、費用もCTやMRIに比べて安価です。
また放射線被ばくがないため、妊婦さんでレントゲン撮影ができない場合でも繰り返し画像評価ができます。
最近ではエコーの解像度があがり、神経や腱などもはっきり判別できるようになってきたため、エコーを見ながら同時に治療(エコーガイド下穿刺や神経ブロックなど)をすることが可能となっております。

拡散型体外衝撃波(BTL-6000 トップライン)

体外衝撃波とは、非侵襲的に組織の深部までエネルギーを伝播し、組織再生を促進する治療法です。体外衝撃波は1980年代に腎臓結石を破砕する際に初めて使用され、現在は整形外科、スポーツ医学、リハビリテーションなどで幅広く使われています。
国際衝撃波治療学会では、足底腱膜炎やアキレス腱炎、膝蓋腱炎、上腕骨内側上顆炎や外側上顆炎、腱板炎など上下肢の慢性的な腱障害が対象疾患としております。
当院では、BTL JAPAN社製の「BTL-6000 トップライン」を導入しており、対象患者様には週に1度、トータル5回ほどの治療を行います。